2016年11月1日(火)に開催した「HYOGOクリエイティブ起業創出コンテスト」において事業計画を発表した ファイナリスト11名の中から以下の5名を「クリエイティブ起業創出事業」助成金の事業計画として選定いたしました。

事業所 代表者名 事業計画
U.Lab(神戸市) 滝 大輔 風花(カザハナ)光の花アートプロジェクト
株式会社CYURUN(三木市) 宮城 圭吾 パーマカラーのダメージを除去し髪を20代にする化粧品開発
株式会社Momo(神戸市中央区) 大津 真人 歩きスマホ等の抑制、圏外で通信が可能なスマホケースとサービス
株式会社御影屋(高砂市) 柿木 貴智 兵庫の地場産業の技術と松右衛門帆による高砂ブランド創出事業
株式会社フードピクト(神戸市中央区) 菊池 信孝 フードピクトを活用したグッズ商品とコンテンツサービスの販売

新たな価値や市場を生み出すクリエイティブなものづくりやビジネスに取り組む起業家のビジネスプランの実現を支援することを目的とした「HYOGOクリエイティブ起業創出助成金」はコンテスト形式の公開審査の結果をもとに採択します。 41件の応募の中から、一次審査を通過した12件について、ビジネスの新規性・独創性や地域経済活性化への波及効果、会場に来られた方の声(反響)などを総合的に評価し、採択者をイベント内で発表します。

日時 平成28年11月1日(開場12:30・開始13:00・終了17:30)
場所 株式会社三井住友銀行 神戸本部ビル3階ホール
兵庫県神戸市中央区浪花町56
(当日は名刺2枚または身分証明証をお持ちください)
定員 150名
開場 12時30分
開始 13時00分
終了 17時30分
当日プログラム
開会
プレゼンテーション
基調講演
結果発表
閉会
交流会
申し込みは終了しました

受付期限:10月30日(日)まで(定員に達し次第終了)

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長兼CEO 吉田浩一郎氏

今回のファイナリストに対しての期待や、兵庫県や神戸の未来への希望に触れながら、吉田さんご自身の起業に至った経緯や創業時のエピソードをお話しいただきます。

略歴------------------
1974 年兵庫県神戸市生まれ。
東京学芸大学卒業後、国内メーカー、英国外資系企業などを経て、株式会社ドリコム 執行役員として東証マザーズ上場を経験した後に独立。ベトナムへ事業展開し、日本とベトナムを行き来する中でインターネットを活用した時間と場所にこだわらない働き方に着目、2011 年11 月株式会社クラウドワークスを創業する。
「21 世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションとして事業展開、岐阜県や福島県南相馬市と提携を発表して地域活性化に務める他、厚生労働省での講演、日本経済新聞・ワールドビジネスサテライトなど取材多数。
IT 業界最大のカンファレンス「IVS 2012 Spring」Launch Pad 優勝、日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」にも選出された。
2013 年1 月ヤフーとの提携、2013 年4 月ベネッセとの提携を発表した。
2014年11月 東証マザーズ上場 

株式会社ビバ・ニュータウン
事業内容:子どもの習い事専門サイト「習い事com」の運営
代表者:吉都紀 俊介
所在地:神戸市中央区
株式会社CYURUN
事業内容:パーマカラーのダメージを除去し髪を20代にする化粧品開発
代表者:宮城 圭吾
所在地:三木市
株式会社Liberty&Co.
事業内容:小さい“いのち”と向き合うカフェ
代表者:有馬 広治
所在地:神戸市東灘区
イノベーションネクサス株式会社
事業内容:その物件のリアルがわかる! 「ハウススコア」
代表者:島 大介
所在地:神戸市垂水区
株式会社リバースヴィレッジ(仮)
事業内容:ものづくりの楽しさを体験する地域密着型ものづくりカフェの展開
代表者:八百 伸弥
所在地:姫路市
株式会社フードピクト(仮)
事業内容:フードピクトを活用したグッズ商品とコンテンツサービスの販売
代表者:菊池 信孝
所在地:神戸市中央区
U.Lab (仮)
事業内容:風花(カザハナ) 光の花アートプロジェクト
代表者:瀧 大補
所在地:-
株式会社Momo
事業内容:非公開(コンテスト当日に発表)
代表者:大津 真人
所在地:神戸市中央区
株式会社クリエイターズ・ ラボ
事業内容:ものづくりとクリエイターのプラネットフォームサービス「iloli」
代表者:柳 允雄
所在地:神戸市中央区
モリタ製パン所
事業内容:本物のパンのインテリアライト『パンプシェード®』の商品開発
代表者:森田 優希子
所在地:神戸市中央区
株式会社御影屋
事業内容:兵庫の地場産業の技術と松右衛門帆による高砂ブランド創出事業」
代表者:柿木 貴智
所在地:高砂市
 



※この一覧は発表順ではありません
神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 副研究科長 教授 神戸大学大学院 経営学研究科 教授(兼任)
忽那 憲治 氏
愛媛県出身。大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程修了。専門は、アントレプレナーファイナンス、アントレプレナーシップ、ビジネスプランニングとリスク分析、中小企業金融。 また、株式会社科学技術アントレプレナーシップの取締役、株式会社洸陽電機の社外取締役、NPO現代経営学研究所(RIAM)戦略的企業家教育センター長を務めている。
株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 融合戦略グループ長/主席研究員
東 博暢 氏
大阪府立大学大学院工学研究科(現:電子・数物系専攻)修士課程修了。 ベンチャー支援や社会企業家育成支援などを経て、2006年日本総合研究所入社。 近年は、政府や海外技術系シンクタンクなどと連携し、ロボット・AI、バイオ・ライフサイエンス等の商業化を推進するオープンイノベーションプログラムを実施し、技術系ベンチャー支援・起業家支援にも取り組む。
日本政策金融公庫 国民生活事業 神戸創業支援センター 所長
青木 伸也 氏
平成9年(1997年)入庫。経理部、財務総合政策研究所派遣等を経て神戸創業支援センター所長に就任。 講演などにより創業支援、ソーシャルビジネス支援、起業教育等に取り組む。 兵庫県の女性起業家支援事業の審査委員や神戸市ソーシャルビジネス推進委員等も務める。
一般社団法人 リベルタ学舎 代表理事
湯川 カナ 氏
早稲田大学法学部に入学後、学生起業でYahoo! JAPANの立ち上げに参画。 「新しい国を作ろう」という壮大な夢を描き、創業メンバーと一心不乱に仕事と向き合いYahoo! JAPANの成長に寄与。その後、Yahoo! JAPANを退職し、スペインへ約10年間移住。帰国後、リベルタ学舎を立ち上げ、社会教育家として社会活動や新規事業創出支援などを行っている。
(株)サイバーエージェント・クラウドファンディング 取締役
坊垣 佳奈 氏
兵庫県姫路市生まれ。同志社大学文学部心理学専攻卒。新入社員のときにサイバー・バズの立ち上げに携わり2010年にマネージャー、取締役に昇格。その後、ゲーム事業子会社2社を経てサイバーエージェント・クラウドファンディング設立と同時に取締役就任。主に大型プロジェクトのコンサルティングと広報PRを兼務しながらクラウドファンディング市場の拡大に挑んでいる。
公益財団法人ひょうご産業活性化センター 理事長
榎本 輝彦 氏
1977年京都大学法学部卒業後、同年兵庫県庁に入庁。2010年に産業労働部産業振興局長、兵庫県東京事務所長を経て、2014年4月から公益財団法人ひょうご産業活性化センターの理事長に就任

主催
ひょうご産業活性化センター
URL : http://web.hyogo-iic.ne.jp/

事業委託
NPO法人コミュニティリンク
URL : http://communitylink.jp/